nav-left cat-right
cat-right

関西の就職での人気とは

関西の就職で人気があるのはやはり関西に本社がある大企業、インフラ系企業、公務員になるのではないでしょうか。関西に本社がある大企業はいくつかあって、世界的にも有名なゲーム会社があります。それから大きな百貨店もいくつか本社があります。また非常に多いのが、製薬系の大企業です。このような大企業はやはり人気ですね。その次にインフラ系の企業も人気があります。インフラ系というのは総じて給料が高く、ほぼつぶれる心配もありませんから、公務員なみの安定度を誇るのです。ただ、これからは、たたかれることもありますし、いろいろな災害時の保障、賠償などに追われる可能性もあるので、全く安定とはいうことができませんが。そしてやはり地方に行くと異常な人気を誇るのは公務員ですね。関西ですと、大阪市、大阪府の職員、神戸市、兵庫県の職員などが非常に就職人気であり、難易度も国家1種並みに高いです。ただ大阪という街はたびたび改革が叫ばれているので、難しい局面にはなってくるかもしれません。

関西で就職を企んだのですが

震災の時に仕事がなくなり、関西に1ヶ月ほど滞在していました。
学生時代の若い頃は旅行に行った先でアルバイトに就くことができて、旅先の滞在を延ばしたりすることができました。中にはそのまま居ついてそのまま働くことになった人もいました。かくいう私も帰りの旅費がなくなり、なくなったところでそのまま就職してその地で16年も過ごしました。
関西の大阪のある地域では宿代が安いので約1ヶ月滞在しました。そのまま就職できればいいなと思ったのですが、あの頃とは全然立場や状況が違っているので就職は無理だろうと思っていました。したがってそうした活動は全くしませんでした。
関西では天気のいい日は京都に行ったり、奈良に行ったりしたり、知人がいたので飲みに行ったりしました。怠惰な1ヶ月を過ごしてから戻ってしばらくしてから仕事の話が来たので、なんとか助かったという気持ちと、もう少し関西に滞在したかったなあという気持ちが交錯していました。
けれども仕事があることのありがたさを感じているこのごろです。

就職を関西で探す場合の豆知識

就職活動をしている人は、出身地が関西だから就職を関西の地方で探している人は多々いるのではないかと思います。関西の地方には、関東の企業も多く展開しているところが多いです。就職を関西でおこなう場合は、しっかりと就職情報をいち早くリサーチすることが大切です。また関東から就職活動のために関西に行く場合は、交通費などもかかりますので就職活動のためにしっかりと貯金をしておいた方が良いかと思います。就職活動中は、企業先に出向いたりすることもあると思うので、意外と忙しい日々が続きます。予定などを忘れないために、手帳やメモ帳を持ち歩いて大切なことは記入する癖をつけましょう。現在は、就職難といわれている時代ですが自分の頑張り次第で道は開けますのでうまくいかない時もあるかもしれませんが前向きに就職活動をおこなうことが大切です。就職は、男性ですと一生を左右するものになりますのでしっかりと就職活動は取り組みましょう。

関西の監査法人の就職は飽和状態

公認会計士になるためには、短答式試験、論文式試験を突破した上で実務経験を3年間経て修了考査を合格しなければならない。
公認会計士試験2次試験に合格すると、実務経験を積むために必然的に監査法人への就職が必要になる。しかし、その実務を積むべき監査法人の就職がない状態である。
昨年、私は短答式試験を突破し論文式試験を受けたが論文式試験試験の後、就職活動を関西の監査法人中心に行った。ところがほとんどの監査法人で1次面接で落とされ、蓋を開けてみれば最終的に関西の4大監査法人全てで新規採用されたのは50人程度。それに比べて関西の論文式合格者数は500人程度。公認会計士試験制度自体が崩壊しているとしか言えない状態になっている。
このせいで、会計士論文式試験合格者難民が急増している。
金融庁も制度改善のための文書を提出したが、議会では否決。本当に切羽詰まってしまっている。
資格を持ちながら、就職難民になってしまうという自体は考えられない。それほど景気が悪いということなのだろうが、弁護士の次に難しい国家資格としては成立していないし、費用対効果が悪すぎる。

関西での就職は難しいのか

私は大阪の国立大学の学生です。大阪の人は、絶対大阪で就職したいと思っている人がかなり多いです。これは、関西圏に共通なのではないでしょうか。私は今年大学四年生で、就職活動をしておりましたが、周りの友達を見ていても、関西で就職したいという友人はかなりの人数にのぼりました。では、関西の就職って難しいのでしょうか。答えは、必ずしもそんなことはないだと思います。ただ、大手思考の学生が多いため、絶対関西に就職で大手、となると簡単ではないかもしれません。もちろん、大阪にルーツを持つ日本を代表する企業はたくさんあります。しかし、大手企業は全国転勤がある場合が多く、また、大阪が本社といっていても、名前として残っているだけで、実質的な本社機能は東京にあるという会社も多くなっています。しかし、大阪にはすばらしい中小企業がたくさんありますし、公務員になるというてもあります。関西での就職も、必ずしも難しいということはないでしょう。